バレンタインにも♪ 「紫雫マリンルージュ樽熟成2018」

「涼海の丘ワイナリー新酒発表会」は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため当面延期と致します。皆さまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。

立春すぎ・・今年はあんまり雪が降らないな~と思っていましたが、やっと雪が積もりましたね。
海沿いでも20センチぐらい積もりました。snow
 
 
 
さて、涼海すずみの丘ワイナリーさんの野田村産山葡萄を使用したプレミアムワイン紫雫 Marine Rougeしずく マリンルージュ2018 樽熟成」が2月3日より先行販売開始となりましたsign03
 
20200207_IMG_8803.JPG
 
20200207_IMG_8757.JPG
 
20200207_IMG_8796.JPG
 
山葡萄の栽培から醸造まですべて野田村仕込み★
 
 
 
一昨年(2018年産)の秋の暮れに遅摘みした糖度22~25度の厳選した山葡萄を主軸に使用sign01
これぐらいの糖度のものをジュースにすると、すんごく濃くて、こっく~り甘くて、とっても美味しいんです。
 
この山葡萄をつぶして醸造したものを、昨年4月から12月までおよそ9カ月間、ワイナリーに隣接する『野田玉川鉱山』の約400メートル奥にある坑道内のワイン貯蔵庫で静かに樽熟成させたワインです!!wine
 
20180605_IMG_4080.JPG
 
20200207_IMG_8772.JPG
 
 
空気を通さないステンレスタンクに対し、樽熟成の場合は木のタンニンやカカオのような香りがワインに移り、独特の風味が生まれます。
樽熟成はこれで3回目(3年目)ということで、新樽と違ったまろやかな香りが付くようになったそうです。
 
新しい樽は熟成期間が短いそうですが、樽が年数を重ねるごとに熟成期間は長くなるんだとか。
 
 
20200207_IMG_8766.JPG
 
「バレンタインの贈り物にもおすすめですよ」と醸造所長の坂下さんhappy01
 
『紫雫 マリンルージュ樽熟成2018』は、しっかりしとした果実味とほのかなベリー感、オーク樽のほのかなチョコレート風味が上品に感じられ、山葡萄の味を引き立てた高級感のあるお味に仕上がっているそうで、お酒をたしなむあの人へのバレンタインpresentにもおすすめです。
 
 
 
そして!!
この「紫雫 2018樽熟成」はもちろん、涼海の丘ワイナリー赤・ロゼ・樽熟成 3年分のヴィンテージワインを飲み比べてご賞味いただけるイベントが開催されますheart01
 
3月20日(金・祝)、国民宿舎えぼし荘で行われる涼海の丘ワイナリー新酒発表会にて、紫雫Marine Rouge2019の赤・ロゼ新酒がお披露目となります。昨年も大盛況でしたね~
 
 
20200320suzuminookawine.jpg
 
チケットのお求めは各プレイガイド、
お問合せは観光物産館ぱあぷる(0194-78-4171)までどうぞ。

 


「紫雫 Marine Rouge(しずく・マリンルージュ)2018 樽熟成」(税込3,520円)は、野田村内・道の駅のだ『観光物産館ぱあぷる』、『涼海の丘ワイナリー』、『国民宿舎えぼし荘』にて先行販売されています。

今年も4千本の数量限定となりますので、ぜひお早めにお買い求めください。sign03

農家さんが愛情込めて育てた山葡萄の美味しさワイナリーのこだわりがつまっていますよ。happy02
 
 
 
20160926_IMG_4537.jpg
 

-お問合せ-

涼海の丘ワイナリー
  〔住所〕岩手県九戸郡野田村大字玉川5-104-117
  〔TEL〕0194-75-3980
  〔定休日〕https://www.suzuminookawinery.com/


 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

タグ:観光物産館ぱあぷる, 道の駅のだ, 涼海の丘ワイナリー

関連する記事

※記事の内容は取材当時のもので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。

コメントする

公開されません

その他の記事

最近の記事から

過去の記事から

このページの上部へ

お知らせ


検索

以前の記事

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。